京大ビールが1億円に

 京都大学は、ビールと発泡酒など3商品が、6月にも売上1億円を突破する見込みだと発表した。黄桜と早稲田大学と共同開発したもので、大学発の食品としては異例の売れ行きとなっている。

 ビール「ホワイトナイル」、発泡酒「ブルーナイル」、ビール「ルビーナイル」。京大、早大の両学内や、周辺レストラン、黄桜の直営店などで販売している。すべて1本450円。

 現段階の売上はすでに9000万円に達していることから、発売から約3年になるが、6月に1億円に達すると推計している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる