アル・ワリード王子、ラッフルズ売却せず

 サウジアラビア王室のアルワリード王子が率いる投資会社キングダム・ホールディングスはこのたび、傘下のシンガポールの名門ホテル、ラッフルズの拡張計画が認可されたと発表した。

 資産の見直しから、複数のメディアは売却と報道していた。報道を否定こそしていないものの、今のところ売却はないようだ。


アル・ワリード王子(中央右)

 

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる