ミス・ユニバース豪代表は「奇跡の子」が戴冠

 「2009ミス・ユニバース」のオーストラリア代表の選考会が22日、シドニーで開催され、クイーンズランド出身のレイチェル・フィンチさん(20)が選ばれた。

 地元紙などの報道によると、身長1メートル80、49キロで、痩せすぎで栄養失調の基準を下回るという批判の声も一部出たが、オーストラリア代表にふさわしいとの意見が多数を占めて選ばれた。

 レイチェルさんは、幼少時からモデルかデザイナーを夢見ていたという。そして、出生が難産だったために、生まれた瞬間に医師からは「奇跡の子」とも言われたそうだ。

 「2009ミス・ユニバース」の最終選考会は8月にバハマで行われる。


ミス・ユニバース豪代表のレイチェル・フィンチさん

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる