消えた6700億円、大富豪のサントリー・佐治信忠氏の謎

 フォーブスから2011年の長者番付が発表された。日本からは26人がランクインし、1位には83億ドルで、ソフトバンク社長の孫正義氏が2007年以来の1位に返り咲いた。世界で見れば113位だが、長年のビジネスパートナーで友人のアップルCEOのスティーブ・ジョブズ氏(110位)に追い付いた。それとは別に日本の大富豪の常連、サントリー佐治信忠氏が姿を消す、という謎が起きている。


フォーブスランキング(氏名、年齢、肩書、資産額、世界順位)

孫氏がジョブズ氏に追い付く

 昨年4位から1位に返り咲いた、ソフトバンク社長の孫正義氏。スマートフォンの「iPhone4」や、タブレット端末「iPad」の売れ行きも良く、業績は好調で株価は昨年度末からは、3割以上上昇。資産は昨年の5300億円から、1000億円以上増えて6700億円となっている。

 2位には、ユニクロなどを展開するファーストリテイリングの柳井正氏だった。こちらは、仮に昨年と同じ資産額6800億円であれば、1位を守ることができたが、一時の快進撃が止まったこともあり、6300億円にダウンし2位にとどまった。

 トップ10はほぼ顔ぶれが変わらないものの、日本のビリオネア26人の中に、今年は初めて、ZOZOTOWNを展開するスタートトゥデイ創業者の前澤友作氏が登場した。資産は10億ドル(約830億円)とギリギリながら、35歳でビリオネアに到達したのは立派。昨年初登場となった最年少34歳のグリー創業者、田中良和氏は今年も1800億円でランクインしている。

 世界と比較すれば、スケールが一ケタ違うものの、1位の孫正義氏が、アップルのスティーブ・ジョブズ氏に肉薄したことは、一つの希望になるかもしれない。

1 2
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる