伊首相、54歳差の不適切な関係を否定

 離婚問題で激しい舌戦を続けているイタリアのベルルスコーニ首相(72)と、ベロニカ夫人(52)にまた新しい動きがあった。“不適切な関係”という噂が立った18歳女性(ノエミ・レティジアさん)との関係について、首相は「わたしは何も悪いことはしていない」と全面的に否定した。

 この騒動は、ベロニカ夫人がイタリア紙上で、首相が与党の欧州議員候補に何人もの元女優や女性タレントを擁立したり、「自分の子供たちの18歳の誕生日は招待されても来ない」のに、雑誌グラビアに登場する18歳の女性の誕生日パーティーに行ったことなどを強く批判。「私の結婚生活は終わった」と語ったのが発端だ。
  
 ベルルスコーニ首相は「わたしは何も悪いことはしていない。今度は私が言わせてもらう番だ。一国の首相たる者が18歳の少女と関係を持つなど、ありえないことだ。ベロニカの邪推だ」とまくしたてた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる