「世界最強ブランド」第1位は今年もルイ・ヴィトン

 米フォーブス誌が発表した「世界最強ブランド価値トップ10」によると、ルイ・ヴィトンが今年も第1位だったことが判明した。

 ブランド価値は、ルイ・ヴィトンは昨年より約6258億円低い約1兆9151億円、第2位はエルメスで約7759億円、第3位はグッチで約7374億円だった。4位はシャネル、5位はロレックス。

 最も順位が落ちたのはカルティエで、昨年の4位から7位へ後退。また昨年8位だったジョルジオ・アルマーニは約1994億円もブランド価値が減少し、トップ10圏外となった。

 有名ブランドが値引きに走る中、ヴィトンとエルメスは高級百貨店内の専門店のみで値引きを行うなど、市場戦略と厳格なイメージがブランド価値維持につながったと見られている。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる