朝日新聞の筆頭株主が創業家から持ち株会へ

 朝日新聞社の筆頭株主が、創業者の孫の村山美知子さんから「朝日新聞社従業員持株会」になった、とテレビ朝日が発表した。

 村山氏が所有する同社株46万株のうち、2万株を従業員の持ち株会に譲渡。譲渡価額は3200万円となる。また、このほかにも2万株を財団法人朝日新聞文化財団に寄付した。持ち株比率は、持ち株会が13.9%、村山さんは13.3%になった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる