ホーキング博士「死後の世界はおとぎ話し」

 英国の宇宙物理学者ステファン・ホーキング博士が、「死後の世界と天国はおとぎ話だ」と、死後の世界を一蹴した。

 英高級紙ガーディアンのインタビューで答えたもので、ホーキング博士はその中で、物理学者としての観点から「人間は闇を恐れており、死んだ後の世界のことなど、おとぎ話でしかない」と話した。また、「(人間の)脳はコンピュータなんだ。壊れたものがどうして動くんだ」と付け加えた。

 さらに自身を例にとって「わたしは49年間、死を見ながら生きてきたんだ。死が恐くないよ」とした。


ステファン・ホーキング博士

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる