レイチェル・ワイズ「史上最高美女」に挑戦

 「ナイロビの蜂」でオスカーを獲得した女優レイチェル・ワイズが、「映画史上最も美しい女」と呼ばれ40年代に活躍した女優ヘディ・ラマー役に挑戦することがわかった。

 この映画はロバート・レッドフォードの娘、エイミー・レッドフォードが監督を務める「フェイス・バリュー」。脚本家は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のホセ・リベーラ。

 オーストリア出身の女優ヘディ・ラマーは1913年生まれ、2000年没。「サムソンとデリラ」のデリラ役などで有名。一生の間に6回の結婚と離婚を繰り返した。また携帯電話に応用された無線技術の研究を行い、特許を取得するなど研究者としての一面もあった。


40年代に活躍した女優ヘディ・ラマーさん

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる