海水注入で、斑目氏が「再臨界の可能性」指摘か?

 福島第一原子力発電所の原子炉への海水注入が中断されたという問題で、細野豪志首相補佐官は22日のフジテレビ系「新報道2001」で、原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長が菅首相に「再臨界の可能性があると言っていた記憶がある」と話した。

 細野補佐官は「議事録やメモがないので確認が必要」とした上で「再臨界の可能性を言ってた記憶がある」と語った。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる