「ホームレス大富豪」が王室御用達お菓子を1300億円で買収へ

 「ホームレス大富豪」の異名をとるニコラス・ベルグルーエン氏(49 Nicolas Berggruen)が、英王室御用達でもある有名なシリアル食品会社「ウィータビックス( Weetabix )」を10億ポンド(約1340億円)での買収を検討しているという。

 英デイリーメールによると、ウィータビックスは現在プライベートエクイティ(PE)会社のものとなっており、売却先を探していた。ベルグルーエン氏は入札に参加する見通しだという。

 今回の話の主役である、ベルグルーエン氏だが父親に、画家アンリ・マティスとも昵懇の仲で、ピカソコレクターとしても知られたハインツ・ベルグルーエン氏を持つ良家の出身だ。NY大学を卒業し、ウォール街でも働き、自身のヘッジファンドを設立したこともあったが、すべて売却。現在の資産は22億ドル(約1790億円)となっている。

 ただし、家はない。というより物を持たない主義のようで、ホテルなどを転々としている。「住所不定」で、自身の投資会社を持つが実質的には「無職」に近い状態にある。そこでついた名前が「ホームレス大富豪」なのだ。


ベルグルーエン氏

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる