チェ・ジウさんインタビュー

 韓流スター、チェ・ジウさん(33)といえば、芸能プロダクションを立ち上げて社長に就任したり、日本では主演のドラマ「スターの恋人」(WOWOW 毎週金曜20:00~22:20 2話ずつ放送)がスタートしたばかり。作品の魅力について、チェ・ジウさんに話を聞いた。

 チェ・ジウさんは、アジアのトップ女優イ・マリを演じ、小説家志望の大学講師キム・チョルス(ユ・ジテさん)が運命に引き寄せられるように偶然出会い、お互いの人生が劇的に変わっていく恋愛ストーリー。

 約1カ月間、日本でロケを敢行し、第4話まで日本を舞台にした物語が展開する。奈良女子大学記念館や東大寺、奈良公園、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどが登場し、日本のファンにもなじみが沸いてきそうだ。

――イ・マリにどのような魅力に惹かれてこの役を引き受けましたか?
「外面は派手な女優ですけど、内面的な痛さと真実な愛を求めるところに愛着が湧き、この役を引き受けました」

――日本の飛鳥地方など約1カ月間日本ロケが行われたそうですが、どんな印象をお持ちになりましたか?
「飛鳥地方は凄く穏やかで、古風的。昔を思い出すような場所ですね。心が落ち着くし、風景がとても綺麗でした。韓国ドラマが好きな日本の方々にも日本ロケでは助けて頂きました。お蔭様で無事に撮影を終えることができましたよ。心のこもったお菓子や食事など、私はもちろんスタッフも凄く感動しました。本当に感謝しています」

――撮影を終えた感想をお聞かせ下さい。
「マリを演じていて、本当にマリになったような気分になりました。笑うときに一緒に笑い、泣くときには心が痛む……。マリというキャラクターは、時間が経っても忘れられないと思います。そんなマリの画面から見える部分だけじゃなく、彼女の心の奥や感情の変化なども、じっくり見て頂ければ嬉しいですね」

――ドラマの見どころはどんなところにありますか?
「きれいな映像、そして私が女優の役なので、変化する姿を見て欲しいですね。恋に発展する感情の変化も見逃せません。事件や事故など、劇的なシーンはありませんけど、俳優陣の細かい感情の変化をたっぷりと楽しんで頂けると思います」

――日本のファンにメッセージをお願いします。
「マリを自分から切り離すのはとても寂しいですが、5カ月間マリとして生きたことはとても幸せでした。本当にマリになったと錯覚するほどです。今後は新しい作品で女優チェ・ジウとしてご挨拶したいと思いますので、引き続きこれからの活動にも多くの愛と関心を寄せて下さい。皆さん! 愛してます!」


チェ・ジウさんとユ・ジテさん

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる