診療報酬を勤務医に重点配分

 財務相の諮問機関である、財政制度等審議会は18日、診療報酬改定の件で、開業医の報酬を引き下げ、勤務医に重点的に医療費を配分する方針で一致した、と発表した。意見書に盛り込む。

 同審議会は、現状は開業医と勤務医の年収が2倍近くあることを踏まえて、過重労働の勤務医の負担軽減につなげ、待遇を改善して、医師不足の問題に対処する方針だ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる