女子アナブームを作った頼近美津子さん死去

 元祖アイドルアナ死去。NHK、フジテレビで活躍した頼近美津子(よりちか・みつこ、本名鹿内キャサリーン美津子=しかない・きゃさりーん・みつこ)さんが17日午後1時46分、心不全のため千葉県柏市の病院で死去した。53歳だった。女子アナウンサーの地位を押し上げた功労者としても人望があり、関係者の間に衝撃が走った。

 NHKではバラエティー番組「テレビファソラシド」でアナウンサーとしては初めてバラエティー司会を担当。1981年には異例ともいえる3000万円の移籍金で移籍したと言われる。その後、1984年に当時のフジテレビ副社長・鹿内春雄氏と結婚し、同局を退社。その直後に、頼近さんの穴を埋めるかのように現在の女子アナのアイドル化が急速に進んでいった。

 単なる原稿読み、アシスタントとみられていた女子アナの活躍の場を広げ地位を向上させたとする見方もある。また、頼近さんの存在がなければ、今日のように女子アナが主役になる時代は10年は遅れていただろうとも言われている。

 頼近さんは2年ほど前から食道がんを患っていたが、声の仕事にこだわりたい、との本人の意向から手術は拒否。抗がん剤投与で治療し、4月から入院していた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる