慶應とパリ政治学院が共同学位プログラム

 フランスのエリート校、パリ政治学院と慶應義塾大学大学院経済学研究科が修士号のダブルディグリー(共同学位)・プログラムを締結させた。パリ政治学院のリシャール・デコワング学長と、安西祐一郎・慶應大学塾長が19日に発表した。

 パリ政治学院は1872年創立で、ミッテラン元仏大統領やシラク前大統領など、仏政財界に多数の人材を輩出してきた名門。第2次大戦後までフランスの指導層教育の中心だった。

 2校は1987年に包括的交流協定を締結し、交換留学生の派遣、研究者の交流を行ってきた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる