GoogleよりBingが検索ヒット率高い

 インターネット検索の世界最大手はグーグルだが、マイクロソフトが使っているBing(ビング)の検索結果ヒット率の方が高い値を出した、との調査結果が米国で発表された。

 米調査会社エクスペリアンヒットワイズの発表では、ビング80.04%に対して、グーグルは67.56%。その差は10ポイント以上で、この結果だけを見ればビングの圧勝ということになる。

 また、ヤフーもビングを採用しているために、ヤフーで使用すればそのヒット率はさらに上がって81.36%になるのだという。

 エクスペリアンは、こうした結果から、マーケティング、広告それぞれの担当者にも影響を与える数字になるだろう、としている。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる