NY金は最高値更新も「バブル」懸念する声

 17日のニューヨーク商品取引所の金先物市場は、取引の中心となる12月限月物は前日比8.80ドル高の1オンス=1793.80ドルで取引を終え、史上最高値を連日更新している。

 上げ幅は鈍ってきたものの連日の最高値更新で、市場では警戒感も出始めている。米大手銀行ウェルズ・ファーゴがレポートの中で、金先物価格が「バブル」の状態にあると指摘している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる