中国人女性と結婚して会社を解雇されたドイツ人

 ドイツの男性が中国人女性と結婚したことを理由に、勤務先を解雇されていたことがわかった。裁判所は不当な解雇であると認定した。

 英BBCによると、男性はドイツ軍に武器などの物資を提供する会社に勤めるエンジニア。終身雇用された正社員だったとのことだが、結婚後の数カ月後の09年12月に、解雇されてしまったという。

 交際中には、女性に会うために何度か中国を訪問していたという。軍事機密などの漏えいの可能性を疑われたのか。その後、男性は提訴して法廷で会社と争っていたが、ドイツの裁判所が、男性の解雇は不当だとした。

 会社側の主張は、10年2月に契約が切れるとしており、解雇ではなく退職は任意のものであったとしている。

 結局、両者は和解して、会社側は男性に7カ月分の給与を支払うことになった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる