乳母に年1500万円払うスーパーエリート

 英国在住のロシア、インドや、中国のスーパーエリートたちは、ナニーと呼ばれる英国人の乳母を年間20万ドル(約1530万円)で雇っている人が多いのだという。

 タイムズによると、富裕層や高所得層向けの乳母を派遣する会社があり、年間の最低料金7万5000ドル(約750万円)からサービスを提供しているのだという。トップクラスのナニーは20万ドルが必要なのだという。

 なぜ、これほどの高額を支払うかというと、英国のネイティブではなく、他国から移り住んできたために、英語、さらには英国の習慣などを身につけさせるためだという。いいナニーには、それだけの対価を支払っても良いと考えているのだ。

 ちなみに、女優アンジェリーナ・ジョリーさんと、ブラッド・ピットさん夫妻が、6人いる子どものナニーを年棒約1200万円で募集開始したばかり。1200万円というのは1人あたりという意味で、6人なら7000万円を超えることになる。

 こうして考えると、乳母は高度な専門職であることがわかる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる