グーグルのロゴ「ホルヘ・ルイス・ボルヘス」とは

 24日のグーグルのトップページのロゴが、アルゼンチンの作家ホルヘ・ルイス・ボルヘス(Jorge Luis Borges)のイメージになっている。今年の8月24日で生誕112周年をむかえた。

 ボルヘスはアルゼンチン出身の作家、詩人。特に「伝奇集」「エル・アレフ」が代表作で、幻想的な短編作品がよく知られている。20世紀後半のポストモダン文学に多大な影響を与えた。

 1938年、窓に頭をぶつけ大けがをして生死の境をさまよった。言語能力を失った疑いもあったため、以前のように評論活動などではなく、リハビリもかねて短編小説を書き始めたことが、短編作家としての地位を確立していくきっかけとなった。

 ノーベル文学賞クラスの賞を受賞していないために一般には知名度は低いものの、アルゼンチン作家協会会長にも推されるなど作家間では実力、人格ともに高く評価されている。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる