NY株は134ドル高、議長発言はQE3に触れず

 26日のニューヨーク株式市場は続伸し、ダウ工業株30種平均は前日比134.72ドル高の1万1284.54ドルで取引を終了した。

 この日は、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が講演を行い、追加の金融緩和策(QE3)を打ち出さず、ダウは一時200ドル以上の下げに見舞われた。ただ、売り一巡後は一気に買い戻された。

 ナスダック総合指数は同60.22ポイント高の2479.85だった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる