アップルがティム・クック氏に自社株100万株

 米アップルは、スティーブ・ジョブズCEO退任の後任となる、ティム・クックCOOに同社株100万株を貸与することが27日、SEC(米証券取引等監視委員会)への提出書類でわかった。時価で3億8300万ドル(約293億円)になる。

 アップル株は米時間26日の終値ベースで、1株383.58ドル。したがって約3億8300万ドル
ということにある。

 SECへの提出資料によると、クック氏に貸与されるのは100万株で、その権利が行使されるのは5年後の16年8月24日と、10年後の21年8月24日になる。 

 取締役会が、クック氏に対して、紛れもなく長期政権を約束した手形ということになる。
長期政権で、アップルをさらなる発展をさせることができるかどうか注目が集まる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる