恋人のフェースブックの写真でマフィア幹部逮捕

 海外に逃亡していた指名手配中の幹部マフィアが伊警察当局に逮捕された。きっかけは恋人がフェースブックにアップした写真。警察はこれを端緒にして捜査を行い、逮捕につなげた。

 サルヴァトーレ・ダビアノ容疑者はナポリの武闘派マフィアのジュリアーノ一族の幹部で主要メンバー。モロッコで逃亡生活を送っていたのだった。しかし、大きなヒントが恋人のフェースブックの写真にあった。

 Worldcrunchによると、恋人は、妊娠中の大きなお腹を抱えて、スペインのマルベーリャのビーチにあるイタリアンレストランで撮影した写真を掲載していたのだ。これで場所を特定するには十分な情報だった。

 警察は、女性の居場所を見つけることに成功し監視を続けていた。そして、いよいよ妊娠が差し迫った頃に、ダビアノ容疑者が女性の下に現れて逮捕につながったのだという。

 日本でもすでに、ツイッターで飲酒運転などを自己申告する大学生らもいるが、こうしてソーシャルメディアは犯罪者が自分で自分の首を締める道具になってもいる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる