ヘッジファンド界の若虎が今年の年利30%

 「ヘッジファンド界の若虎」、チェース・コールマン氏(35)のヘッジファンドが7月末時点で30%のリターンをあげていることが、英フィナンシャルタイムズのまとめでわかった。

 コールマン氏はアップルをはじめ、リンクトイン、ユーク、ヤンデックス、ネットフリックス、フェースブックなどテクノロジー系の株式を得意とする。今年前半はIPOブームもあり、ブレークした。

 コールマン氏は、NYでタイガー・グローバルを運用。97年から2001年までは、ジュリアン・ロバートソン氏率いるタイガーマネジメントでアナリストをしていたこともある。その縁なのか「タイガー」の名前をもらっている。

 ITブームに乗らなかったことで大失敗した師匠のロバートソン氏とは違い、IT株が大好きだ。また、フェースブックの株式を百億円以上の規模で保有しているとも言われ、来年の上場も見込まれており、コールマン氏にとって、いよいよ「俺の時代」が到来するかもしれない。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる