iPhone紛失事件は迷宮入りか? 警察は捜索を否定

 米アップル社員が、発表前のiPhone(アイフォーン)を飲食店で紛失したという問題で、サンフランシスコ市警のスポークスマンはSFウィークリーの取材に対して、拾得主とされる男性宅の捜索を行ったとの報道を否定した。ますます謎が深まる。

 米CNETは、アップル社員がバーで発表前のiPhoneを7月下旬に紛失し、拾得主だとされる男性の家の捜索を行ったがまったく反応もなく、また証言も得られなかったと報道した。また、試作機が見つからなかったのはすでに売却していたのではないか

 ところが、米メディアのSFウィークリーがサンフランシスコ市警を直撃したところ、男性宅の捜索は行っていないと否定したそうだ。

 アップルも、公開前の試作機を紛失したことをコメントしていない。何となく迷宮入りしたままで騒動は終幕を迎えそうになってきた。

 アップルは昨年も社員が紛失し、ギズモードに5000ドルで売られて、iPhone4が分解され、後に警察が家宅捜索するなど大きな騒動となった。

 これを一部では「紛失マーケティング」などと揶揄されるようになっているが、時価総額世界一の企業としてはあまりにも恥ずかしいかぎりだ。


写真はiPhone4

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる