北海道知事が北電役員らから240万円の献金

 北海道の高橋はるみ知事が、北海道電力のOBや役員たちから資金管理団体に個人献金されていた問題で、献金は05~09年までの5年間で少なくとも約240万円以上に上ることが北海道新聞の報道で4日わかった。

 高橋知事は、旧通産省出身の官僚で、北海道経済産業局長などを歴任し、03年に知事に就任。後援会長には、元北海道電力の社長、会長を歴任した南山英雄氏が就任しており、自身も個人献金を行っているという。

 高橋知事は8月に、泊原子力発電所(北海道泊村)3号機の営業運転移行について、あっさりと容認するなどしている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる