南麻布のスーパーが正直に告白し好感度UP

 東京・南麻布にあるスーパーマーケット「ナショナル麻布」で販売する食材にはパッケージにベクレル表示をしていることで話題となっていたが、同社は4日「生産者が独自に検査したもの」と発表した。「正直で誠実な対応」とかえって好感をもたれている。

 同店舗は南麻布に多い各国の大使館職員、さらには外資系企業の社員らが主要な顧客だが、日本人以上に気にする人も多いため、パッケージの表示が評判となっていた。

 周辺の住民たちも安心して利用していたようで、インターネット上でも拡がっていたが、店舗は「当店が野菜のベクレル表示をしているというtweetが流れていますが、生産者の方が独自に検査をした野菜の証明書を張り出しているだけですので」とあくまで生産者ベースの調査ということのようだ。

 しかし、謙遜して正直にツイートしたことで、「正直で誠実な対応」「行ってみようかと思いました」などという評判が出ており、さらに好感度がアップしたようだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる