最も上がった株、下がった株(8月米国株)

 嵐のような1カ月だった8月の米国株式市場。どの銘柄が最もリターンが良かったのか、また、何が最もリターンが悪かったのか。

 米CNBCがまとめたデータでは、パフォーマンスが良かったのはモトローラ・モビリティ(MM)、リサーチ・イン・モーション(RIM)の通信関連銘柄が目立った。

 MMはグーグルによる約125億ドル(約9600億円)という巨額の買収が成立。株価は月間で68%という驚異的なリターンで、年初からのマイナスを補って余りある戦果をおさめている。

 また、RIMは人員削減を発表し、またMMの買収話に便乗したような形での上げとなった。ただ、年初来では、まだまだ大きなマイナスとなっている。

 ヒューレット・パッカードは利益率が低いとされるPC部門分離を発表したことによって評価を下げてしまった。

◆S&P500            8月    年間
・勝ち モトローラ・モビリティ  68.54%  29.62%
・負け メトロPCS      -31.45% -11.64%

◆ナスダック
・勝ち リサーチ・イン・モーション 29.96% -44.11%
・負け ネットApp       -20.83% -31.55%

◆ダウ
・勝ち マクドナルド        4.54%   17.78%
・負け ヒューレットパッカード  -25.99%  -38.17% 

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる