賞金王・片山晋呉が教える「9年連続で1億円を稼ぐ方法」

カウボーイハットの秘密も明らかに


今年マスターズ最終日の片山晋呉選手
 プロゴルフのマスターズ、世界中のゴルファーなら誰もが憧れる夢の舞台に立ち、そして最終日、優勝争いをしてホールアウトするまで注目を集める。誰もが決してここまでたどり着くわけではない。しかし今年4月、片山晋呉選手が日本のゴルフファンに夢を見させてくれた。トップから2打差4位という日本の選手としては最も優勝まで近づいたからだ。

 片山選手は5歳でラウンドデビュー、水城高校、日本大学とアマチュアゴルフ界のエリート街道を歩んできた。1995年にプロテストに合格し、1998年にツアー初勝利。2000年に初の賞金王(計5回)に輝き、以降9年連続で賞金1億円以上を稼ぐ。

 しかし、ここにいたるまでの道のりは決して平坦ではない。むしろトップに立った者だけにしかわからない苦難も数多くあるはず。このたび東京都内の日本外国特派員協会で、毎年1億円を稼ぐ方法とはどのようなものか、勝負の世界で勝ち残る方法とは。また、トレードマークのカウボーイハットの秘密、そして注目の石川遼選手にいたるまで語った。

1 2 3 4
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる