東京地裁が安愚楽牧場の民事再生法適用を決定

 東京地裁(鹿子木康裁判長)は、和牛オーナー商法の「安愚楽牧場」(本社・栃木県)について、民事再生法の適用を決定した。

 安愚楽牧場は8月に民事再生法の適用を申請していた。負債総額は約4330億円。出資者は7万人以上になる。

 再生改革案の提出期限は来年2月14日となっている。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる