アデランス対スティールが決着

 アデランス対スティールの決戦で注目されていた、カツラメーカーのアデランスHD定時株主総会は28日午後に終了し、米投資ファンドのスティール・パートナーズの取締役選任案が可決された。業績不振に不満を持っていた大勢の株主がスティールを支持した。

 両者は、他の株主に賛同を求める委任状争奪戦(プロキシーファイト)を展開。アデランス側の日系投資ファンドのユニゾンがTOB価格引き上げなどで対抗したが、株主の不信感をぬぐうことはできず、スティールが支持された。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる