AKB48をインドネシア輸出「JKT48」

 これぞパーケッジ、もしくはプラント輸出ということか。AKB48が11日、インドネシアに姉妹グループJKT48を発足させると発表した。

 すでにAKB48は今年に入ってから、シンガポールで定期公演を行い、また台湾にも公式ショップをオープンするなど、アジア展開が始まっている。世界でも4番目に人口が多く、市場の成長性が高いインドネシア・ジャカルタへの進出は、また、イスラム文化圏という意味においても、大きなチャンレンジとなりそうだ。

 すでに05年12月に東京・秋葉原を皮切りに、アイドル不毛の地と言われた名古屋にSKE48、同じく不毛の地とされた大阪にNMB48、さらにはアイドルの一大供給地・福岡にHKT48を立ち上げている。

 今回のインドネシア展開も、パッケージ、もしくはプラント輸出に近く、立ち上げと運営のノウハウはすでに確立しているために、リスクは低いのではないだろうか。


AKB48の左から前田敦子さん、大島優子さん、篠田麻里子さん

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる