日経平均株価200円以上の下げ

 週明け12日の東京株式市場の日経平均株価は前週末比158.95円安の8578.71円で寄り付いた。現在は下げ幅を200円以上に拡げている。

 前週末のギリシャの財政破たんを予測する動きが出てきたことや、米国株安など不安要因が多く出たことから東京でも幅広い銘柄に売りが出ている。

 また、米国はオバマ大統領が雇用政策を打ち出したものの、実現性などで疑問が出ており、市場は反応していない。

 全体が売られる中で、個別では決算の改善が見られるジーンズメイトがストップ高となっている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる