セシウム137は青酸カリの2000倍の毒性

 武田邦彦・中部大教授が、TV番組中で、東北の野菜を食べてはいけないという旨の発言をし、その中で名前が出た岩手県一関市の勝部修市長が抗議していた件で、武田氏は自身の公式サイト上で見解を述べた。

 9月4日放送の読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」で武田教授が発言し、それを受けて一関市長が反論。しかし、逆に市民から市長に抗議が行くなどしており、一関市長が謝罪した。

 今回の騒動をまとめる形で武田教授は、サイト上に発言の意図を説明した。

 「畑に青酸カリがまかれた」という発言については、青酸カリが一般的に猛毒として知られることから例えとして出し、「放射性セシウム137の成人、経口での50%致死量は0.1ミリグラム程度です。これに対して青酸カリは成人、経口で50%致死量が200ミリグラム程度ですから、青酸カリの方が約2000倍ほど毒性が低いという関係にあります」と説明した。

 その上で「国民に知らせ、除染しないまま作物を生産するのに慎重にならないいけないと思います」と警告を発した。

 それが、東北の農作物は食べてはいけない、という旨の発言につながったということだ。

 また、一関に触れたことについては、国、自治体などが測定した空間線量をある専門家が地図にしたものによると、「東北では、福島の浜通り、中通り、岩手の一関の汚染が国内法の規制値を超える可能性があります」と説明している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる