スズキがVWとの資本・業務提携の解消を決定

 スズキは12日取締役会を開き、独フォルクスワーゲン(VW)との資本・業務提携を解消することを決定した。株式の持合い関係もあるが、その目的に決定的な違いがあり、その差を埋めることができず、結局は資本関係も解消するという。

 2社は09年12月に資本提携を発表し、VWはスズキ株19.9%を持つ筆頭株主になった。また、スズキもVW株1.5%を保有している。傘下に飲み込みたいVWに対して、スズキは対等の関係を保ちながら共同で技術開発を行いたかったとしている。

 VWが保有するスズキ株は、業務提携の目的で第三者割当を行ったもの。業務提携を解消するにあたって、株式を処分するように要求していくという。また、スズキもVW株を処分する方針だ。

 今後は、VWとの間で解消の協議を行う。


鈴木修会長兼社長

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる