NY株は3営業日ぶり反発68ドル高

 週明け12日のニューヨーク株式市場は3営業日ぶりに反発し、ダウ工業株30種平均は前週末比68.99ドル高の1万1061.12ドルで取引を終えた。

 中国がイタリア国債を購入するとの噂が出たことで一時的ではあるものの、欧州の財政懸念が和らいだ。

 また、ナスダック総合指数は、前週末比27.10ポイント高の2495.09ポイントだった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる