鉢呂経産相辞任は陰謀?

 鉢呂前経産相の辞任をめぐっての一連の騒動で、原発エネルギー政策見直し人事の発表直前だったことが、明らかになった。

 これは、東京新聞の長谷川幸洋・論説副主幹が、鉢呂氏にインタビューしたもので、ニコ生に出演して語った。

 鉢呂氏は、今後の原発政策を協議する「総合資源エネルギー調査会」で、原発推進派、反対派の半々という人選をしようとしていたそうだ。経産省の陰謀ではないかと長谷川氏は問うているが、鉢呂氏は否定している。

 さらに、「放射能をうつしてやる」などとした発言はフジテレビが最初に報じたのだが、同局の担当記者は現場にいなかったという。また、不思議なのは、文言が各社で少しずつ違うという点だ。

 おそらく伝聞だったのだろう。同業他社の記者、もしくは省の職員らが考えられるが、もしも経産省からの情報であれば、何らかの陰謀めいたものも感じざるを得ない。

 ちなみに、退任記者会見で罵倒した通信社の記者は、上司の部長とともに謝罪に来たという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる