プレステ携帯「Xperia PLAY」がドコモから発売

 NTTドコモは14日、プレイステーション内臓のスマートフォン「Xperia PLAY(エクスペリア プレイ)」を10月に国内発売すると発表した。

 本体は高さ約120ミリ 幅約62ミリ 厚さ約16.4ミリ。重さ約175グラムとなっている。
スライドすれば、プレイステーションと同じ形のコントローラーが付着している。「プレイステーション」などの名作ゲームをダウンロードすることが可能で、アンドロイドなどからもゲームを入手することが可能。

 また、ゲーム機能だけでなくハイスピードエリア内での高速通信にも対応し、4.0インチのフルワイドディスプレイ、文字入力アシスト機能なども搭載しており、スマートフォンとしての機能も充実している。

 海外ではすでに発売されている。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる