古い宝くじが10億円の当たりくじだったとは

 オーストラリアの女子大生が、10カ月前に購入したまま放置していた宝くじ券が約10億円当選していたことが換金期限の約2カ月前に迫った時点で気がつくとうい出来事があった。ロトくじの発売元であるロタリーウェスト社が28日、発表した。

 女子大生は、ロトくじ「オズ・ロト」を10か月前に父親から贈られ、自宅の机の引出しに入れていたのだという。「うちの家計のことが心配になって。もし当たっていれば、母や父の助けになると思って」と思い確認してみたのだという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる