日経平均は4円安で寄り付き

 21日の東京株式市場の日経平均株価は、前日比4.24円安の8717.00円で寄り付いた。

 現在、米連邦公開市場委員会(FOMC)が始まっており、会合の結果を見極めてから、との意思も働きやすく全体に商いが薄い。大きな材料もなく、ディフェンシブ株を中心とした展開となりそう。

 また、20日のニューヨーク株式市場は反発し、ダウ工業株30種平均は前日比7.65ドル高の1万1408.66ドルで取引を終えた。ナスダック総合指数は同22.59ポイント安の2590.24だった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる