元KGB出身大富豪がテレビで出演者を殴打

 元KGB幹部出身の大富豪、アレキサンダー・レベデフ氏がこのたび、テレビの討論番組に出演しエキサイトしてしまい、出演者を殴る場面があった。

 殴られた男性は事業を営む会社社長で、レベデフ氏の目の前で「殴ってみろよ」と挑発。レベデフ氏はイスから立ち上がり男性を殴打し、勢いで転がり落ちたものの、当たりが浅かったために、大きなけがはなかったようだった。

 金融危機の話となったが、意見がかみ合わず「殴ってみろよ」という挑発に乗ってしまった。

 レベデフ氏は、英高級紙インディペンデント、夕刊紙イブニングスタンダードを買収している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる