NY株は283ドル安、FOMCに失望感

 21日のニューヨーク株式市場は大幅に下落し、ダウ工業株30種平均は前日比283.82ドル安の1万1124.84ドルで取引を終えた。

 この日は、QE3を発表するのではないかと期待されていた連邦公開市場委員会(FOMC)で何ら目新しい好材料がなかったことから失望感が漂い、ダウは全面的に売られた。今後は欧州の財政破たん懸念を意識した相場が続くことになりそうだ。

 ナスダック総合指数は同52.05ポイント安の2538.19だった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる