iPhone5、日本ではKDDIからも発売へ

 10月にも発売と言われるアップルの次期スマートフォン「iPhone5」が、日本でKDDIでも販売することが、日経ビジネスの報道でわかった。

 同誌によると、アップルとKDDIの2社は契約をすでに締結済みで、11月から全国のauショップの店頭に並ぶ予定だという。

 日本ではこれまで3年間、ソフトバンクによる1社独占販売形態を取っていた。業界では最も割を食われていたとされるKDDIの反撃が始まりそう。

 米国ではすでにAT&Tの独占からベライゾンとの2社体制に移行。4人に1人以上はベライゾンに流れているとされている。

 また、この報道で早速、ソフトバンクの解約ページにアクセスが殺到していると思われ、アクセスできない状態が続いている。ユーザーは電波状態の悪さに不満を持ちながらも、1社独占という形態に我慢してきたという面もある。そうした、不満が一気に爆発しそうな気配ではある。

 また、ソフトバンク孫正義氏のツイートは「全ての人に分かれ道はやって来る。問題は、そこで正道を選ぶか邪道を選ぶかだ」というもの。これが、もしも今回のことを指すのなら、ソフトバンク、KDDIのどちらが正道、邪道なのかわからないが、ソフトバンクにとっては大きな打撃になりそうだ。


写真はiPhone4

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる