銀塊180億円積んだ沈没船が海底から見つかる

 ドイツ軍の魚雷攻撃を受けてアイルランド沖の海底に、重さ約200トン、価格にして約180億円相当の銀塊を積んだまま沈んでいた英国籍の船が26日発見された。

 英BBCによると、船は貨物船SSゲアソッパで、第二次世界大戦中の1941年に航海中にドイツ軍の潜水艦Uボートに魚雷攻撃を受けて沈んだ。

 このたび英国と米国の海底調査会社が契約して探索を行っており、深さ約4700メートルの海底から発見した。今後は、銀塊を回収するための計画がスタートする。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる