埼玉、千葉汚染マップ公表、千葉北部が高い

 文部科学省は29日、千葉、埼玉両県の放射性セシウムの蓄積量を示した、汚染マップを公開した。

 両県とも9月8~12日まで航空機を使って計測した。マップによると、地表面、空間などの線量は、かねてから言われてきたように千葉県の北部、柏市、我孫子市、松戸市、流山市などが他所よりも比較的に高目となっている。

 また、埼玉県では、福島から距離がある西部の秩父市山中から他所よりも高い値が出ている。

 千葉県柏市は、05年のつくばエクスプレス開通以来人口は増え続けてきたものの、減少に転じたことが明らかになるなど、放射線量を意識して転出する人も出るという現象も起きている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる