日経平均は132円安で寄り付き

 週明け3日の東京株式市場は大幅続落し、日経平均株価は前週末比132.31円安の8567.98円で寄り付いた。その後の下げ幅は160円以上に拡大している。

 この日発表の日銀短観では、大企業製造業指数はプラス2となったものの、市場は無反応だった。今週は、ノーベル生物学・医学賞の発表も予定されており、関連銘柄などの物色も予想される。

 東京外国為替市場のドル/円相場は、1ドル=77円台前半で推移している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる