カタールのSWFがギリシャ企業2社に出資へ

 中東カタール王室のソブリンウエルスファンド(SWF)である、カタール・ホールディングスが、ギリシャの金鉱採掘会社ゴールドフィールズに約10億ドル(約770億円)の投資を決定したことが3日わかった。

 英テレグラフによると、カタール・ホールディングスは金投資の調査部門を持っており、入念な調査を行った模様。ゴールド社の株価は今年に入ってから40%以上も下落しているものの、投資価値を見出した模様だ。

 また、同時に、ギリシャの大手ゼネコン会社エクラトにも出資を決めたという。条件は、年利7%の金利で6億ドルの資金貸付を行うのだという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる