新型iPhoneは「4S」、日本はKDDI、SB体制に

 米アップルは4日、次期スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種「4S」を発表した。市場の期待した「5」とは違ったことで、失望感が出て、ナスダック市場のアップル株は前日比2.10ドル安の372.50ドルで終えた。日本では、KDDI、ソフトバンクの両キャリアから発売となり、独占体制が崩れた。14日発売。

 iPhone4Sでは、前作よりも処理速度が大幅に速くなり、また、カメラの改善もなされた。期待した「5」ではなく、もったいつけた印象もあり、何らサプライズはなく、アップル株は売られた。

 日本では長年続いた、ソフトバンクによる一社独占販売が崩れ、KDDIからも提供されることになった。

 価格は199ドルで、14日発売、7日から予約開始。


iPhone4S

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる