武富士が創業家株主を提訴

 会社更生手続き中の武富士は5日、創業家の大株主3人らを相手に、2007年3月期以降の4年間で受け取った配当金約130億円の返還を求め、東京地裁に提訴したと発表した。

 管財人によると、裁判で勝訴して返還金が出た場合には、債権者への弁済の原資に充てるという。また、武富士は、配当金を分配可能な状況ではないにも関わらず、配当を出していた ことが判明したという。そうした事情があったために、今回の提訴に踏み切ったとしている。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる