【きょうの名言】ドラえもんに女児が「放射線なくして」

 ドラえもんにお願いするとしたら何を? 先日、福島県飯舘村の子どもが、「藤子・F・不二雄ミュージアム」を訪問し、「放射線なくしてほしい」とお願いした。

 お願いしたのは、小学1年の女の子(7)だという。あまりにストレートすぎて、ドラえもんも困ったことだろう。

 ただ、ドラえもんは、体内に原子炉を搭載する未来のネコ型ロボットであるという事実はファンは知るところ。どら焼きを食べて、それを原子力エネルギーに転換するのだという。

 「わたしは原発に詳しいんだ」と某国の首相経験者が言ったとされるが、ドラえもんこそそのセリフがよく似合う。ただ、放射線を亡くす方法を知っているのだろうか。

 一説では、22世紀の未来へ帰る理由は、メンテナンスということだから、未来では人類は原子力を制御する力を身に付け安全利用ができるようになっている、という原作者の故藤子・F・不二雄氏の願いのようなものが見えてくる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる